痩身エステ > サプリが効く?

サプリが効く?

うつ病の原因のひとつに、脳内物質の影響があると思います。
これは、脳内の栄養不足によって、セロトニン(ドーパミンやノルアドレナリンの効果を抑制したり、分泌量を減らします)やアドレナリンなどといった脳内伝達物質が十分に合成されありませんから、うつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)を発症するだといわれています。
では、なぜ脳内物質(アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニン、アセチルコリンなどが有名でしょう)が十分に合成されないのでしょうか?その要因としては、血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)の乱高下、ビタミン・ミネラル(インスタント食品ねかり食べていると、ナトリウムやリンを摂り過ぎてしまうといわれています)・脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)酸なんかの栄養素である不足、脳内伝達物質の材料になるアミノ酸(タンパク質を構成している最小の大きさの成分になります)の不足などが挙げられます。
うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)に関係する脳内伝達物質には、セロトニン(ドーパミンやノルアドレナリンの効果を抑制したり、分泌量を減らします)やアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン(何かを行う際の動機付けになっているようです)などがあるでしょうが、これらの物質の材料はアミノ酸で、多くの酵素(不足しがちな酵素を補うために、万田酵素や大高酵素、玄米酵素などが売られています)の働きによって作られます。
酵素はビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)やミネラルなどがなければ働く事が出来ないのです。
そのため、脳内が栄養不足になってしまった場合伝達物質が合成されなくなるのです。
つまり、栄養素の不足やアミノ酸(健康な体を維持するのに必要なアミノ酸を必須アミノ酸といいます)の不足で患う鬱病は、それらをサプリメントなどで補うことで、うつの症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を抑えてたり改める事が出来るということです。
特に必要な栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)は、脳内伝達物質の材料となっているアミノ酸(体に必要なアミノ酸は20種類あり、そのうちで体内での合成が可能なのは10種類だそうです)で、アミノ酸を効率的に摂取するにはプロテイン(効果的に筋肉をつけるためには、必要不可欠でしょう)粉末などがオススメです。
他に、ビタミンB1(チアミンとも呼ねれていますが、こちらの方が一般的な名称でしょう)やB6、ビタミンC、亜鉛なども酵素を活性化させるには必要です。
但し、サプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)は薬ではない為、摂取すればうつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)が治ると言う物ではありません。
脳へ栄養がいくことで発症が抑制されたり、サプリメントを飲む事で安心感が生じ、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が快方へ向かう可能性はあります。
また、抗うつ薬が効きやすくなるという面もあります