痩身エステ > パーソナリティ障害の人への接し方って?

パーソナリティ障害の人への接し方って?

最近、職場や学校、近所付き合いにおいて、「付き合いづらい」と思うような人が増えてはいませんか?出来たら、トラブルなく円満で円滑な人間関係を続けていきたいとほとんどの方が願っていることではないでしょうか。
けれど、現実には、付き合いづらいと感じるような人、所謂パーソナリティ障害(以前は人格障害とか性格障害と呼ねれていましたが、否定的なニュアンスが強すぎるためにこの名称に変わったようです)のような方とも接しなければならない場合もあるでしょう。
それでは、そういった人とはどのように接するのが一番良いのでしょうか。
まず、その人の「付き合いづらい」レベルがどれくらいかにもよります。
変わった人や困った人、または、ちょっとおかしな人と言ったレベルであれば、適たびに距離を置くようにしましょう。
この距離感がすごく大切です。
不用意に親切にしてみたり、やさしくしたりして、親しくなってしまうと、何かあった際には逆恨みされてしまう恐れがあるんです。
あくまでも、ビジネスライク(淡々としていて温かみのない、どちらかというとマイナスの?象を受ける表現かもしれません)に接することが、安定した関係を築くコツみたいです。
攻撃性を露わにしてくる人の場合には、とにかく刺激しないようにするのです。
礼儀は欠かさない、約束はしっかりと守ると言う事を徹底的に、ニュートラルな態度で接するといいですね。
それに、あなた自身の考え方もちょっとはかえる必要があります。
単純に、「変な人」で終わらせてしまうのではなく、あなたの思い込みや誤解、偏見がなかったかを振り返りみる事も大切ですね。
付き合いづらいと感じるような人も、冷静に観察してしまってはほんのちょっと性格(人や動物の性質を表わす言葉です)が偏っているだけで、面白い部分が沢山隠れているかもしれませんよ。