痩身エステ > 非定型うつ病ってどんな病気?

非定型うつ病ってどんな病気?

非定型うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)は、どんより落ち込んでいると思っていても、よい事や楽しい事があると、ハイテンションになる鬱病(以前は怠け病なんていわれていましたが、近年では一般的にも知られるようになってきました)です。

さらに、ハイテンションが長続きせず、すぐに落ち込んでしまうのが、非定型うつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)の特徴になります。

非定型うつ病(早期治療が何よりも大切です。 放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)は、20代〜30代の女性が発症しやすい病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)とされていて、増加傾向にあります。

また、非定型鬱病(家族や周囲の人の理解が得られずに、孤独に苦しむことも少なくありません)になりやすい傾向としては、いくつか特徴があるといわれているのです。

・責任感が強く、周囲に弱みを見せない人
・プライド(今井美樹さんの曲名としても有名ですね。 歌い出ししか歌詞が思い浮かびませんが)が高い
・自己主張ができない

この非定型うつ病になりがちな特徴を見ていると、ご自身の感情(あまりにも激しすぎると人付き合いが難しくなるものです)を抑えしまい、ストレスを溜め込んでしまう人がなりやすいと言えるのです。

非定型うつ病(細川貂々さんのエッセー漫画「ツレがうつになりまして。 」が話題になりました)にならありませんからには、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)を溜めないことと規則ただしい生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)が大切になるのです。

ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)を溜めていたり、一定しない生活を送っていると、自律神経(自分の意思で意識してどうにかすることは難しいといわれています)やホルモンバランス(卵胞ホルモンや黄体ホルモンが有名ですが、体内で作られるホルモンは七十種類以上あるといわれています)が乱れて、寝ても疲れがとれないと言う倦怠感が発生してしまいやすくなるみたいです。

倦怠感(低血圧による倦怠感では、親も低血圧だったり、食欲を感じない、たちくらみなどがよく起きるといった特徴があります)があると精神的にも落ち込みがちになる為、できるだけ早いうちから対処した方がいいですね