痩身エステ > 産後に必要な骨盤矯正

産後に必要な骨盤矯正

産後の身体というのは妊娠以前と非常に変わっていますから、姿勢にも変化が生じます。
妊娠によって靭帯を緩めて柔軟にさせるホルモンが出始めます。
同時に子宮が大きくなるにつれて骨盤の内の部分の圧力が高くなり、骨盤上部が開いていくようになります。
一時的にこの状態が続いてから、出産に入るために骨盤はがらりと変容します。
骨盤の変化は妊娠したときから始まるため、出産方法が帝王切開でも自然分娩でも骨盤矯正をする必要性が出てくるのです。
でも、出産方法が自然分娩か帝王切開かで広がる骨盤の位置が異なりますので、矯正しなくてはならない箇所というのは異なります。
産後に行う骨盤矯正は見よう見まねでするのではなく、専門医に依頼したほうが確かな効果が期待できます。
妊娠によってお腹が重くなると、身体の重心は意識しなくても前に傾きます。
前方に傾いた安定感のない体勢をなんとかしようとして、今度は後方に中心を持って行こうとします。
過度に後ろへと姿勢を反らしたり猫背になったりするのは、お腹に赤ちゃんがいることで不安定になった均衡を維持しようとするために起こります。
こうした状態が継続してしまうと、背中や腰といった箇所に痛みを引き起こします。
妊娠した人のおおよそ半分が腰を痛めるというデータがありますが、これは妊婦独特の重心のズレによるものでしょう。
産後に骨盤矯正を実施することで、重心を元の状態に戻して良い姿勢を保てるようになります。
これにより、産後の女性が陥りやすい体調不良の状態になることを防ぐことができます。
産後は子供を育てることにストレスを感じ気分が塞ぎがちな状態と言えます。
正しく姿勢を保つと精神上も良いということがわかっていますから、骨盤矯正というものは産後に行う必要があるものなのです。