痩身エステ > 骨盤の歪みの確認の仕方

骨盤の歪みの確認の仕方

産後に、体調不良になっていなくても、骨盤がずれたままで骨盤矯正をする必要のある人がいます。
骨盤が歪んではいないかを把握するために、確認の仕方をいくつか挙げてみます。
産後の身体に骨盤矯正を実施することで効果的なのですが、産後しばらくたっていても自覚があれば開始しましょう。
複雑なものは特になく、難なく骨盤の状態がわかります。
まっすぐ立ち、鏡をみて肩の高さが同じ高さであるかを調べます。
同様に直立してウエストのくびれが左右同じようになっているかをチェックします。
右足と左足の長さを確かめたり、身に付けたネックレスの中心が動いてしまうことなどでも、骨盤の歪みを疑えます。
多くの人に表れる状態の一つとして、左右の靴の減り具合に偏りがあるという点があり、かかとの欠け方でも認識することが可能になります。
このような日常のなかで調べることでシンプルな方法で骨盤に歪みが出ていないかをチェックできます。
もう少し詳しく骨盤の状態についてチェックしたいなら、先に腹筋の力がどれだけあるかを調べましょう。
腹筋を使って起き上がれない場合は、腹筋があまり働いていないと言っていいでしょう。
すなわち、腹筋による骨盤への支えができていない証しで、こうしたことにより骨盤が開いたままになっていることが考えられます。
それから、骨盤が歪んでいるかを確かめる手段として、天井を見るように身体をまっすぐ横にして足の幅を腰の幅と同じぐらいに開いて点検できます。
この姿勢を保ったままで骨盤の右側と左側の高さに差がないかを観察します。
右と左で高さが一緒でなければ、高いほうから低いほうへとズレているという疑いが出てきます。
これらの方法で骨盤の状態がわかったら、産後かどうかは関係なく骨盤矯正に取り組んでいってください。