痩身エステ > 骨盤ベルト

骨盤ベルト

産後の身体に骨盤矯正を施す際に利用する骨盤ベルトは、どのようなタイプを用いても違いなどないと見なしてはいませんか。
あとは、細かいことはどうであれ強く締め付けさえすれば骨盤が戻ると勘違いしていませんか。
骨盤ベルトというのは、強い力で締め付けるほど効果があるのではないかと勘違いしている人が多く、誤った認識のせいで産後の骨盤矯正がうまくいかないのです。
尿漏れや子宮下垂といった状態に限った話ではなく、骨盤が正常な位置にないことで起こる腰痛または頭痛、しびれなどの不調も表れます。
強引にお腹を圧迫してしまうと、産後2ヶ月程度かかって元に戻るはずの骨盤に悪影響を与えてしまいます。
骨盤周辺の筋肉にあまりにも負担がかかり続けてしまうと、その結果筋肉の状態を元に戻すことがしにくくなります。
産後における骨盤矯正を正確に実施することにより、その後の生活で不快な症状が出ることも少なくなるでしょう。
骨盤の横のラインが下に向かって狭くなっているのが理想ですが、並行のままであればお尻が大きくなりますし、O脚の傾向も表れます。
他にも、骨盤の底が開いたままだと、骨盤底筋に備わっている力が発揮できなくなります。
それで、尿道、肛門、膣といった部位を締める力がないので、尿漏れや子宮脱や痔などが起きてしまうのです。
骨盤ベルトをセットする場所を理解していない人が多いようです。
産後に行う骨盤矯正は、腰骨周辺を締め付けるのではなく、その位置よりもだいぶ下にある恥骨の位置で締めるようにしてつけてください。
太腿の付け根に装着するぐらいの感覚なので、考えていたよりずっと下に装着するのです。
その状態でストレッチを行えば、産後に骨盤を直すことにおいてうまくいかないことはないでしょう。