痩身エステ > 産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

骨盤矯正が産後の体に不可欠なのはなぜでしょう。
産後に行う骨盤矯正は、出産を経験することで開いた骨盤を以前の形に直すということを目指します。
骨盤に対する対処法は出産した後ただちに実践する人が大勢いるようです。
出産してまだ退院する前から骨盤ベルトを締めて、矯正し始める場合も多いようです。
もし産後に骨盤矯正を行わないでいると、妊娠する前の体重まで落ちたとしても体型は元通りとは言えなくなってしまいます。
産後には妊娠前のズボンが体に合わなくなるという話を聞いたことがあるかもしれません。
そのような問題というのは、それらに留まりません。
尾骨や恥骨に痛みの症状が現れたり、尿を漏らしてしまうことになったり、股関節や骨盤などの部位が痛くなる人もいます。
そして、O脚の症状が進んでしまうなど、自分でも気になる症状が数多く出現します。
出産後から肩こりや腰痛といった症状に襲われるといった人も多数出てきます。
これらは、出産の際に骨盤が開いたり、骨盤底筋が緩くなってしまうために起こる症状です。
なぜ産後に骨盤矯正が大事かといえば、このような症状を軽減または避けることが望めるためです。
子供を産む事で開いてしまった骨盤は、子宮の収縮が済んでしまえば骨盤を元に戻す矯正が可能になります。
骨盤矯正はできるだけ早く行ったほうが良いのですが、子宮の収縮がまだなら無理に骨盤を矯正することは良くないので、その人によって時期が異なることでしょう。
自然分娩と帝王切開では骨盤の開き加減は変わるものなので、矯正方法も変わってきます。
自然分娩の人は、赤ちゃんが通過する骨盤の下部が広がりますが、帝王切開で出産すると骨盤の上部分が広がるということになります。
出産の方法により骨盤の矯正する部分は変わってくるのです。