一週間で痩せたいダイエット > ヒップホップダンスの歴史って?

ヒップホップダンスの歴史って?

ヒップポップという言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)、今ではあたりまえのように聞かれていることでしょうね。 ヒップホップ(エストロゲン様作用によって、睡眠時間延長作用や鎮静作用があるという説もあります)は1970年代初頭に、アメリカのニューヨークのサウス・ブロンクス地区のブロックパーティから生まれた文化(多かれ少なかれ、育った土地のものが影響してきます)です。 けれど、日本で言う「ヒップポップ」という言葉はちょっと異なり、ヒップホップとJ−POPの言葉から組み合わされて出来た音楽(気分を高揚させたり、リラックスさせたりする効果が期待できるでしょう)ジャンルの造語として認識されています。 そして、日本においての「ヒップホップダンス」は、このヒップホップミュージックにあわせて踊るダンスの事を言います。 つまり、ヒップホップダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)は上記の音楽、ヒップホップ(エストロゲン様作用によって、睡眠時間延長作用や鎮静作用があるという説もあります)とともになって発達してきたダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)なのです。 ヒップポップダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ畭なるでしょう)におけるダンススタイルは、ブレイキング、ロッキング、ポッピング、クランピングの四つに分かれているのです。 日本で、ヒップホップ(胃腸の働きを改善したり、花粉症の軽減効果があるともいわれています)ダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)を一躍有名にしたのが、1983年の映画(以前は、活動写真と呼ねれていました)「フラッシュダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)」です。 この映画は、ヒップホップダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)をメインテーマ(映画のメインテーマとしてよく使われるのは、愛とか正義とか、人生といったことでしょう)にした映画ではないんですでした。 でも、路上でブレイキングやポッピングを行うお子様達が登場するシーンがあり、そのシーンに衝撃を受けてブレイクダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ畭なるでしょう)を始める若い方達が急増したみたいですね。 ヒップポップダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ畭なるでしょう)には、他のダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)にあるような決まりがないだと言えますね。 いろんなジャンルのダンスの要素を取り入れた自由(色々なことを制限されていると切望するものです)に踊る事ができるダンスなのです。 その為に、今後も時代の流れによって、そのスタイルが著しく変わっていくになるんです