一週間で痩せたいダイエット > 具体的に有酸素運動ってどんなことをしたらいい?

具体的に有酸素運動ってどんなことをしたらいい?

規則的な繰り返しがあって、比較的軽い運動である有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)は、脂肪を燃焼させ、シェイプアップによいことで知られているのです。 ほかにも、心肺機能を強くしたり、血行をよくして新陳代謝(?えると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)をUPさせたり、リラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)効果的ななど、健康にも精神的にもプラスの影響を与えてくれます。 是非、積極的に行いたい運動と言われていますね。 とは言うものの、有酸素運動とは具体的にどういう運動なのでしょう。 有酸素運動は、息切れしてしまったりするような激しい運動ではなくて、十分な呼吸が出来て、細胞に酸素を送り込めるような運動です。 代表格としてはあげられるのは、ウォーキング(水中を歩くとより体に負担がかからないで運動できます)。 胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)を張り、普段歩くより少し早めに歩きます。 また、ジョギングや水泳、アクアビクス、エアロビクス、サイクリング(スポーツとして、もしくは、娯楽として自転車に乗ることをいう場合が多いでしょう)なども挙げられます。 あまり一般的ではありませんが、ノルディックウォーキング(日本スリーデーマーチや龍馬ハネムーンウォークin霧島など、ウォーキングの大会も開催されています)やクロスカントリースキーなんかも有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)です。 また、有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)は、日頃の暮らしの中でも行うことができますね。 例えば、車で買い物に行くのを徒歩や自転車にする、通勤や通学では一駅手前で降りて歩く、エスカレーターを使わず階段を利用する、電車の中ではつま先で立ってるなど。 部屋の掃除や家事なども、こまめに行えばよい運動になるのです。 一方、有酸素運動で大事なことは、継続して行う事。 突然行っても、あまり効果は期待出来ません。 定期的に継続して行うことが大事で、そのためにも自分が気軽にできる運動から始めるといいでしょう。