一週間で痩せたいダイエット > 派遣社員から正社員になれる?

派遣社員から正社員になれる?

現代は派遣社員(一つの企業にあまり長くいたくないという人にはうってつけですね)が非常に多いですね。 派遣社員(一つの企業にあまり長くいたくないという人にはうってつけですね)とは、人材派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社から紹介された企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)で働き、給料は派遣会社から受け取る労働形態の事をいうのです。 一言で派遣社員と言って種類があります。 「一般派遣」「特定労働派遣」「紹介予定派遣」の3つです。 一般派遣とは、期間を限定して一つの業務を行う形態のことで、雇用期間が終了すると、再契約を結ぶか、他の派遣先を探すかのいずれかなのではないでしょうか。 特定労働派遣とは、派遣会社の正社員のこと。 派遣会社から企業に派遣され、派遣先企業(がっちりマンデーで取り上げられると、好感度が上がる気がします)との契約が終了し、たとえその後、派遣先が決まらなくても給料が支払われます。 紹介予定派遣は、正社員として雇用することを前提に、一定期間派遣として働く形態です。 派遣社員(契約社員との一番の違いは、雇用契約を誰と結んでいるかでしょう)から正社員になれるのは、この紹介予定派遣です。 紹介予定派遣では、最大6ヵ月間派遣として働いた後、本人と企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)の双方が合意すれば、あらためて社員として就業する事が出来るのです。 紹介予定派遣は、派遣期間の間に、自分が仕事に向いているかどうかを確認できたり、職場の雰囲気なども体験できるでしょう。 また、企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)側に取っては、会社にあった人物であるかどうかをみる事ができるはずです。 派遣社員と企業双方にメリットがあるのが紹介予定派遣と言っていいと思います。 加えて、紹介予定派遣は、一般派遣では認められていない医療機関(公的医療機関と私的医療機関があります)などへの派遣も可能です。 正社員になれる業種の幅が広く、正社員になるのであれね注目のシステムといえるでしょう。