一週間で痩せたいダイエット > どんな栄養素を食事から摂った方がいい?

どんな栄養素を食事から摂った方がいい?

「敏感肌」って言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)、多い事でしょうよね。 例えば、アレルギー体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)でアトピー気味の肌を敏感肌(本来あるはずの皮膚のバリア機能が何らかの原因によって低下していて、外部からの刺激に極端に弱くなっている肌をいいます)と言ってみたり、季節の変わりめになってしまった場合カサカサする肌を過敏肌といってみたり、ざそうが頻繁に出るような肌を敏感肌といってみたり。 実は、医学用語では敏感肌(低刺激性の洗顔料を使って正しく汚れを落とし、しっかりと保湿を行い、肌が乾燥しないように気をつける他、食生活や生活習慣なども見直す必要がありますね)という言葉は存在していません。 ですから、ささいな刺激などでトラブルを起こしやすい肌の事を総称し、、「敏感肌」と呼んでいるのです。 例えば、すぐにカサカサする肌。 そのような肌の方に必要な栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が畭常に湧いてくるなんてことも)は、ビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)Aです。 ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)Aが不足すると、肌の潤いがなくなり乾燥してしまいますよね。 また、肌の新陳代謝も鈍くなるため、積極的にビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)Aを摂るようにしてターンオーバー(基底細胞が角質層に徐々に移行していき、やがて皮膚表面から剥がれる一連の流れのことです)を促すようにして下さい。 ビタミンAを多く含む食材は、緑黄色野菜や鰻、レバー等です。 ちなみに、ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)Aは油と一緒に調理する事で体内への吸収が良くなるので、覚えておいて下さい。 かゆみを伴う場合はカルシウムも摂取するようにすると、精神的に落ち着いてかゆみを抑えてくれる効果があるのです。 すぐにニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)が出てしまう肌。 そのような肌の方に必要である栄養素(不足しがちな時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です)は、抗酸化作用(最近では、手作りの野菜や果物のジュースが人気ですね)を持つビタミンCです。 こちらも、ブロッコリーやホウレンソウと言う緑黄色野菜(市販の野菜ジュースで手軽にとるという方も多いでしょう)などに沢山含まれているため、一日に1回は食べるようにされて下さい。 生でたべるよりも温めて食べる事により、量も沢山入るようになるでしょう。 一緒に、コラーゲン(人体のタンパク質の約30%を占めているといわれていますが、単一のものではなく30種類以上あることがわかっています)やビタミンEも摂取するようにすると、より美肌(シミやシワ、黒ずみやくすみがなく、ハリとツヤがある肌のことをいいますね)には効果的でしょう