一週間で痩せたいダイエット > 変形性腰椎症の治療法って?

変形性腰椎症の治療法って?

変形性腰椎症だと診断されてしまった場合は、変形したものは元に戻せない為に、根本的な治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)は難しいといえます。 そのために、痛みに対する保存療法(対義語としては、観血的療法があるでしょう)が基本的な治療法と言われています。 薬での治療では、消炎鎮痛薬(痛みを感じにくくなる代わりに、自然治癒力も?えるので、急性の激しい痛みを一時的に抑えるために限定的に使用するようにしましょう)や筋肉弛緩薬等の薬を使って痛みを軽減させます。 痛みが激しく発生する場合には、注射療法(花粉症や痔などの治療の際には効果的な療法でしょう)にて神経ブロック注射(打つ場所によってはとても痛いこともあるのだとか)や局所麻酔(脊椎麻酔や硬膜外麻酔など、いくつかの種類があります)によるトリガーポイント注射が効果が期待できます。 また、腰部にたいする温熱療法やけん引療法も、痛みには有効だと言われていますので、組みあわせて行うこともあるそうです。 日々の生活では、コルセットを装着して腰に負担を掛けないようにし、姿勢を正しくして脊椎の安定化を計ります。 痛みが軽い場合には、軽い筋力のトレーニングや腰痛体操(日本人にとっては、ラジオ体操が最もなじみの深い体操ですね)等を行って筋力(適度についていると、かっこいいプロポーションが保てます。 最近では、電気刺激でつけられるなんていうダイエット器具もよく売られていますよね)を付けると、腰痛の予防にもなるでしょう。 以上みたいな治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)で症状としては安定してくるみたいですね。 変形性腰椎症の場合、原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)が加齢によるものなのですので、どうしても高齢の方が発症しやすくなってしまうそうです。 高齢の人は手術を怖がる傾向がある為に、腰の痛みを我慢して病院を受診しない方も多くいらっしゃるでしょう。 腰の痛みを我慢しますのでに腰を庇うような無理な姿勢を取り続ける事でしまい、症状もどんどん悪化の一途をたどる事になってしまいます。 変形性腰椎症の場合には、手術が必要になることはまずありません。 動き始める際に頻繁に腰に痛みを感じるようであれば、一度整形外科を受診する事をおすすめします。