一週間で痩せたいダイエット > 植物性の乳酸菌ってどんな乳酸菌?

植物性の乳酸菌ってどんな乳酸菌?

乳酸菌とは、腸にいて糖を発酵し、乳酸などの有機酸を生成する菌の事を言い、食物の消化吸収を助ける働きなどをしています。 乳酸菌には、幾つもの種類(それぞれに違いがあるものです)があり、植物性乳酸菌もその中のひとつ。 「乳酸菌」というと、ヨーグルト(近年は、様々な乳酸菌が発見され、「生きたまま腸に届く」乳酸菌を摂取することで、より健康の維持に役立つといわれています)やチーズなどに含まれていると言うイメージがあるものですが、この乳酸菌、実は漬物や味噌などにも含まれているのです。 ヨーグルト(菌さえあれね自分でも作れますが、品質を安定させるのは難しいようです)やチーズ(牛乳などの動物の乳を凝固させたり、発酵させたりして作る乳製品です)などのように、牛乳(最近では、給食のメニューに含まれていない学校もあるのだとか)の発酵食品に生息している菌を「動物性乳酸菌」。 一方、日常的に摂取する全部の野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)(大根、きゅうり、なす、にんじん、キャベツなど)に付着して生息している乳酸を「植物性乳酸菌」と言います。 植物性乳酸菌は、特に漬物や味噌などにたくさん生息していますが、これは、ブドウ糖(グルコースとも呼ねれます)や果糖、麦芽糖など、いろんな糖類を分解して乳酸を作り、発酵食品を作る働きがあるからなのです。 植物性乳酸菌は、糖の濃度がまちまちであったり、食塩が配合されているなど、厳しい環境の中で生息しています。 そのために、動物性乳酸菌より生命力が強く、乳酸菌のほとんどは胃で死滅してしまったりする中、植物性乳酸菌は、腸まで生きたまま届き、人体によって効果的に働いてくれます。 植物性乳酸菌の含有量が多いのは漬物や味噌とは言え、特に良質の乳酸菌が多いのは「ぬか漬け」です。 かつては、お袋の味等とも言われ、?ある家庭で漬けられていたぬか漬けかと言って、最近は激減しています。 手が掛かってしまいますから、手作りすることは大変なのですが、日本の代表的な漬物のひとつであるぬか漬け、体の為にも積極的に摂るようにしたいものですよね。