痩身エステ > 姓名判断で恋愛占い

姓名判断で恋愛占い

姓名判断を選択して恋愛の占いを試す人は少なくなく、的中しやすいという点も支持されています。
姓名判断は、名前の画数を数える形で判断するのですが、数え方を失敗すると正しい結果が導き出せないので、しっかりとした方法を知ることが不可欠となります。
姓名判断で使われる画数は、常用漢字の画数とは異なり、中国の康煕字典に掲載しているものです。
これに関しては、中国の清朝時代に作り上げられたもので、その文字に与えられている歴史や霊意などを知ることが求められるからです。
恋愛占いで注目されている姓名判断をやるには、天格・人格・地格・外格・総格という5つ存在する格を割り出すことが必須となります。
天格とは、姓の総画数のことで名の画数とのバランスがどうなっているかが要点になります。
人格は姓の最後の文字と名のはじめの字を組み合わせたもので、その人の内面がどういったものかを把握でき、恋愛や結婚、家庭や仕事運などを指すものと捉えられています。
名の総画数のことを地格といい対象者の成長過程に相当に影響し、性格や性的傾向、才能、金運、仕事運といったことを導き出せます。
外格については、総画数から人格をマイナスして出す数で、人間関係に影響をもたらすものです。
総格というのは、姓名の総画数のことで、名前が本来持っている力が年を重ねるごとに徐々に強くなっていくと考えられています。
女性が恋愛占いをする際には、人格に目を向け、離婚しやすい、三角関係になりやすい、浮気性、気性が荒いなどを明らかにすることができます。
姓名判断においては、「大凶数」など驚くような表現があるわけですが、たとえ大凶数を持っていてもくよくよすることはないでしょう。
恋愛占いで納得できる結果とならなくても、相手が持つ画数によって違ってくる可能性もあるからです。